ぽのぽの ゆめものがたり

「泣きなさい 笑いなさい」  この世は およそ80年のゆめものがたり  苦しいときも楽しいときも よーく噛んで味わって  できれば 好きなものに囲まれて、感謝しながら過ごしましょ♪

2009年11月

野の花のように


  
 
 
 
 
 
 
 
「 野の花のように美しく咲きなさい  そして、人々に愛を与えなさい 」
                             
                           ?精霊 聖フランチェスコの言葉より?
                     



あまりに素敵な言葉で さらさらと涙がでました。



今日も

ごめんなさい

ゆるしてください

あいしています

ありがとう(^人^)

身体さん、ありがとう。


昨日、お風呂に入って体を洗っているとき

腕や手ををタオルで洗っていると



なんだか急に

毎日文句ひとつ言わずに

わたしのために動いてくれているコトを急に感じて・・・



ありがたくて、愛おしくて、、、たまらなくなりました。




言うことを聞くことが当然のように

感謝一つされずに 大切にされることも無く 

使われるだけ使われてきた自分自身の身体だけれど



身体は 「思考」とはちがって

私を責めることも無く ただ黙々と当然のように動き続けてくれていたのです。



それを思うと

感謝の気持ちと ゴメンナサイの気持ちが

沢山の涙になって つぎつぎと溢れ出てきました。。



それから 首や身体や足や髪を

ひとつひとつ丁寧に

感謝しながら洗っていくと

その度に 涙がつぎつぎと溢れ出てきて



今も 涙があふれて止まらなくて。。(笑)




一人で居るとき

家族が寝静まった時

こんな風に感動がワァーッと溢れてくることが増えました。

「ありがとう」の気持ちって、こんなに感動するものなのかな。




ごめんなさい

ゆるしてください

あいしています

ありがとう

途方も無く 深く大きい 愛に・・・


「許す」という言葉を使うとき

誰かを「許そう」と思うとき



あるがままで完璧であるはずのこの世の中で

「許す」ということなど

確かにとても傲慢な 人間独特のものだと思うけれど



私たちは 落ちこぼれの天使で・・・

でも、その内側にキラッと光る愛の原石を 

もっていたりもして。。。



「許す」という傲慢ささえ

いまのわたしには

そのままで

あるがままで

確かに「いま」を生きた足跡なのでしょう



傲慢ささえも

「許す」ことができる

大いなる存在の愛を感じながら・・・涙。。




私たちが「愛」と呼んでいるものさえも

エゴに多くを支配されていて

本当の「愛」に程遠いものだとしても


「愛」と呼んでしまう 人間の傲慢さにさえも

すべてに自由を与えてくださり


それをあるがまま受け入れるだけで

傲慢に対する「許し」さえ 愛には存在しないのだろうなぁと・・・


大いなる存在の 途方も無く大きな愛を感じながら




感謝の涙。。。




背伸びなどせず

ありのまま、傲慢なままの自分を愛し

日々笑ったり泣いたりの感動を体験したりしながら

与えていただいた命いっぱいに

生きていけたら素晴らしいなぁとおもいます。。




ごめんなさい

ゆるしてください

あいしています

ありがとう

ninja
ギャラリー
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • コスモス開花と花壇模様替え
  • コスモス開花と花壇模様替え
  • オルレア開花
  • オルレア開花
  • ロベリア、徐々に開花中
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ