ぽのぽの ゆめものがたり

「泣きなさい 笑いなさい」  この世は およそ80年のゆめものがたり  苦しいときも楽しいときも よーく噛んで味わって  できれば 好きなものに囲まれて、感謝しながら過ごしましょ♪

2007年10月

イジメに感謝


小学校5年と6年の時に イジメ・・

ブス!お前が触ると腐る!とか

「◎△菌!」と言われたり

殺虫剤をかける真似をされ害虫扱いされたり

集団で無視、モノ投げられたり、唾を吐き掛けられたり

モノ隠されたり、色々。。



そんなひどいと思えるクラスメイトにさえ

当時の私は

気を使って、気に入られようと顔色うかがってた

苛められる自分をとても恥ずかしく思っていて。。。

怒りをそのまま表現出来なかった。

でも、胸を張って怒れば良かったな。。。


過保護、過干渉な親に指示された通り生きるボンボンで

余計にナメられる、負のチェーンから抜けられなかった



悔しかったなぁ。。。

それからは

集団になったときの人間って怖いと思った。

生きていく意味が分からなくなって

愛とは何かも知らなかったし

親は私たち子供の方に目が向いていなくて

寂しかったな。。。ほんと、あの頃は辛かったなぁぁぁ。。。。。



最近のイジメは

歯止めが利かなくなって特に酷いものもあるようです

だから、同じところにとどまって我慢しすぎもいけないとおもいます

「逃げ」ではなくて、新しい出発として

学校へ行く事だけが、幸せではないという事も

ご両親と一緒に考えていけるといいと思います





でもね、イジメてくれた人のおかげで

自分に芯が無い事が良く分かった

自分勝手でわがままな自分のことを教えてもらった





大人になって

独りでも充分生きていけるようになった今なら


過去を振り返って、昔の子供の頃の自分を抱きしめる事が出来る。

「辛かったね、良く頑張ったね、どうしていいかわからなかったんだよね」って。


いつかそんな日が来るから、負けないで欲しい

必ず、自分を愛せる日がくると信じていて欲しい




それからイジメはただ悲劇ではなくて

辛い事や残酷な事のおかげで、私たちは学ぶ事ができる

自分の姿を相手に映し出して、反面教師として教えてくれる

だから、ありがとう。。。なんだということ



自分に辛く当たった人は

人が嫌がる、「悪役」を買って出てくれた人

やったことは必ず自分に返ってくるという負のリスクを承知で・・・

自分をとことんいじめてくれたありがたい人

だから、ありがとう。どうぞ幸せになってください。なんだ。。。



出来事は悔しかったけど

今でも思い出すと涙が出るけど

感動をくれたことに感謝です

今は本当にそう思えます


どうぞ、どうぞ、みなさん

お幸せになってください。

感謝。

愛念


今日もあの人の足跡をさがしてる

足跡ひとつに

一喜一憂



元気でいるかな?

辛くないかな?

あの人が幸せだといいな・・・(*^-^*)



今夜もまた、そんなことを考えながら一日を終えるんだ

今宵は。。。


いつも一人の時間が好きで
いつまでも一人で楽しめるんだけど


今はなんだか

独りがさびしい。。。



明日朝になれば
旦那さんは会社に行くけど

行かないで。。。って
わがまま言いたいぐらい・・・

人恋しいよぉ

千の風になって


人は体を失っても

永い眠りにつくわけではないんだな。。。



日々確信します



千の風になって 秋川雅史
http://www.youtube.com/watch?v=PvsfkLY3gjI

家を買う夢


夢を見た。



私は家を探していて
不動産を当たっているうちに
駅の近くの、外観がとても綺麗なマンションを見つけた。


中をよく見ないうちに
何故か売買の契約を済ませ
入居当日


豪華な装飾のフロントを過ぎて
奥へ歩いていくと・・・
どうも、そこは病院のようだった。

医者や看護婦達が
患者の鼻のチューブを交換したり
点滴を取り替えたり
中にはシモの世話をしてもらってる人や
鶏の手羽先のように、やせ細って腕や足がまがったまま
動かなくなってベッドに横たわる人もいる。

綺麗な建物の内部とは思えないぐらい
暗くてじめじめしたエネルギーがよどんでいた

そこを 重い、暗い気持ちで通り過ぎると
マンションの深部らしい広い場所へ出た。

部屋と言うより、広い場所に自分と家族が座る空間が
畳一畳分用意されている場所だった。
ちょうどフェリーの雑魚寝客室のような場所
私たちが沢山のローンを組んでやっと購入した場所はそんなところだった!




ビックリして目が覚めた。


きっと、最初に見えた病室は
無理してストレスをためながら働いた後の
私たちの姿なんだろう。。。

雑魚寝する隣の人と肌触れ合うぐらいの簡素な場所と
病院に入院するための費用を
一生かけて稼ぐということか。。。

・・・と思うとゾッとした。


夢のマイホームが
感謝しながらストレスを癒しながら過ごさないと
そんな場所に、簡単に変わってしまうよと・・・

教えてくれた気がしました。


物質を手に入れることが目的ではないこと。

家族と愛情を育みながら想い出を作りながら過ごすことが目的だと肝に銘じておこう。

忘れてしまわないように。

ninja
ギャラリー
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • コスモス開花と花壇模様替え
  • コスモス開花と花壇模様替え
  • オルレア開花
  • オルレア開花
  • ロベリア、徐々に開花中
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ