ぽのぽの ゆめものがたり

「泣きなさい 笑いなさい」  この世は およそ80年のゆめものがたり  苦しいときも楽しいときも よーく噛んで味わって  できれば 好きなものに囲まれて、感謝しながら過ごしましょ♪

良いところリスト10

昨日娘が、パパの良いところを10個紙に書き出していた。

娘からパパへのリスト

1.かっこよくて
2.やさしくて
3.えらくて
4.しごとをがんばってして
5.みんなとなかよくて
6.がんばって
7.ごはんをつくってくれて(ん?)
8.うんてんしてくれて
9.あそんでくれて
10.へやのそうじをしてくれる(ありゃ!?)

初めはニコニコして見てたけど、段々あれれ?
家事が2項目もあるじゃん!

「いつも料理とお掃除はママがしてるよ??」と言ったら「パパも時々やってるも?ん!」とニヤニヤ…

ううむ、よく見てる(汗

旦那に話したら、「さすが子供、よく見てるな」とニヤニヤ

なんちゅう親子や!
私の日頃の努力はどこへやら…トホホ
ドーナツの欠けがちょい気になった。

でもそこで考える。家事は全部、絶対母親がしなければならないのか!?
…いいえ、そんなことないない♪
気楽な母。いいのかそれでっ!?

にっこり笑って「パパが掃除してくれると、普段行き届かないところまで徹底的に綺麗になっていつも助かるよ、ありがとうね!」なーんて言ったら「いつでも言ってよ、またやっちゃるよ!」と旦那の頼もしいお言葉。

褒めるって、みんなが気持ち良くなっていい!
最近褒めても家族はあまり気味悪がらなくなってきた。うしし☆
繰り返すと感覚マヒする?!
メンタル効果、じわじわ浸透中

リアリティ?セラピー

今日は選択理論心理学の大家の柿谷先生のお話を聴きに行った。
育児や夫婦関係にとても役立つお話だった。
スタッフの皆さんその他、笑顔が輝いてた。それぞれが思い描く幸せを、着々と歩いてる感じが凄くイイ!
心理学を学ぶ一番のきっかけは、死ぬほど辛い出来事だったけど あの辛さのお陰で今の喜びがあるんだなーって実感した一日でした。

納得!

いいかげんで、適当なうちの旦那。
真面目で頭がかたかった私はそんな旦那が、何故か凄い奴だと思えてた。
誰に対しても態度が変わらない旦那。
そうしたくても出来なかった私はやっぱり彼を凄いと思ってた。

何だか変だけど、なんか凄いと思いつつ結婚!
それから8年。
でも現実はなかなか厳しかった。

凄いと思った「いいかげん」と「適当」に、逆に振り回されて腹をたて、一人で怒ってた。
凄いと思ってた「誰にでも同じ態度」が横柄に見えて、やっぱり嫌だった。

なんじゃそりゃアタシ?!ってんで習ってみた心理学。
あぁ、そうか。
そうしたいのに出来ないアタシはもがいてたらしい。
今ある意味、旦那が目標!
「悪くもなく良すぎもしないけど程よい加減=いい加減」と「適切に妥当=適当」(ゴウさん、良い言葉ありがとです!)

うん、悪くない言葉かも

ひとりごと

ケータイから初書き込みです

最近思うこと。
愛とか、つながりとか、信じる気持ちとか・・・そういうものは目に見えない。見えなくて、不安定で、儚い気もする

私は弱いから、時に見えるものだけを信じたくなる。でもそんなときは決まって不安定になるんだよなぁ

実は見えないものが一番の、心の支えだったりするのに
今はそれを築き上げる為の方法を探しているのだろうなぁと思う

力を抜いて、「不安」のハンドルを手放してみたい
ninja
ギャラリー
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • 梅雨前最後の満開ロベリア 2013
  • コスモス開花と花壇模様替え
  • コスモス開花と花壇模様替え
  • オルレア開花
  • オルレア開花
  • ロベリア、徐々に開花中
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ